ホーム     ドメインのお勉強

 ドメインとはインターネット上における、その個人もしくは団体を唯一特定することのできる住所のようなものです。何故世界で唯一のアドレスが必要となるのでしょうか? これは郵便と同じ仕組みを考えれば分かります。まったく同じ宛先というのは存在しません。もし、あったとしたら郵便物をどこに配達していいのか分からなくなってしまいます。その住所と同じように考えられるのがドメインなわけです。
 インターネットが爆発的な広がりを見せ、利用者の数も増大するにつれて、すでに企業などの団体が独自のドメインを取得するというのは一種のステータスとなりつつあります。最近ではCMなどでも必ずといっていいほど、ホームページアドレスが表示されていますよね。

 現在欧米におけるインターネットの世界では、個人がドメインを持つということも数多く見られます。そうです。ドメインは企業や団体だけが所有するものではなく、誰もが自由に取得することができるものなのです。そして今、そのドメインブームが日本でも起こりつつあるのです。

 では、マイドメインを取得するメリットは何なんでしょう?ドメインを取るということは「インターネットという世界の中で自分自身の居場所を確保できる」ということです。つまりプロバイダや会社のドメインを「仮住まい」とすれば、自分のドメインを取得するということは「持ち家」を持つということと同じです。
 
契約しているプロバイダでホームページを開いている場合、そのURLの先頭にはプロバイダのURLが付いてしまい、「仮住まい」的なイメージは否めません。しかしマイドメインを取得することができれば、自分らしいプライベートなメールアドレスを作ることもできますし、家族のメールアドレスなども自由に設定することができます。また、ホームページのURLを覚えやすい名称にすることもできるのです。
 
また、ドメインを取得した場合、より便利なサービスを見つけてサーバを引越したとしても、ドメイン自体は変わらずホームページURLやメールアドレスも変える必要はないのです。


 
メールアドレスは、次のように表記します。 taro@wakky.info このうち前にある“taro”はIDのようなもので、個人名などを表すものです。そしてこのIDと“@”で結ばれた“wakky.info”。これがドメインと呼ばれるものです。“taro”という名前は世の中にいっぱいありそうですね。ほかの名前についても同じユーザ名を使っている人はたくさんいるでしょう。でも、同じユーザ名であっても、その人宛てにメールを送ればその本人に届きます。それは名前の後に続くドメイン名が異なることで、そのメールアドレスは世界で唯一のものとなるからです。マイドメインは世界で唯一のものですから、メールアドレスの@の前の部分は他人と同じ名称にはなり得ないので自分の好きなアドレスを確保することが可能でこの点もマイドメインを取得するメリットとなるでしょう。
 
ホームページのURLでも同じですね。http://wahoojapan.wakky.info/ ここではwakky.info”がドメインです。その前のwahoojapanはサブドメインです。マイドメインを取得すると例えば家族それぞれが自分のホームページを持っていたとするとマイドメインのwakky.infoのサブドメインとして運用が可能で、このサブドメインも任意に設定可能です。

 ドメイン名の最後に付く「.com」「.net」「.org」「.biz」「.info」といった文字はgTLD(generic Top Level Domain)と呼ばれ、日本語に訳すと「一般トップレベルドメイン」といいます。これはいずれの国や地域にも属さない国際的なドメインの種類です。

 gTLDは国際的なインターネット関連機関であるICANNが管理しているもので、これに対して日本国内で利用される「.jp」といったドメインは日本のドメイン管理組織JPNICが管理しています。
 2000年7月に横浜で行われたICANNミーティングにおいて、新TLD導入に関するポリシーや導入スケジュールに関する採択が行われました。
 
ここ数年、「.com」「.net」「.org」など一般登録が可能なドメインのリソースの枯渇化やドメインネームの不正な売買取引、登録業務の独占化などの問題が指摘されると同時に、ドメインの末尾となるTLD(トップレベルドメイン)に新たなタイプを拡張することが、ICANNなどの機関によって検討されたのです。その結果、新たに7つのgTLD、「.info」「.biz」「.name」「.pro」「.museum」「.coop」「.aero」の拡張が行われています。これらのドメインのうち、.info/.bizについては、すでに登録が開始されています。このうち「.info」ドメインは「.com」以来、インターネットで初めての無制限トップレベル・ドメインです。したがって誰でも、「.info」ドメイン名を登録することができます。「.biz」ドメインもインターネット上でビジネスを展開する団体および個人による登録が可能です。これらふたつのドメインは、今後新たな国際的なドメインとして広がることが予想されます。

 ドメイン
はすべて組織種別を表すもので、基本的には以下のような意味を持っています。

おもなgTLDドメインの種類と意味
 .com commercialの略で主に企業を対象とした種別 (1995年からスタート)
 .net networkの略で主にプロバイダなどinternet関連企業を対象とした種別 (1995年からスタート)
 .org organaizationの略で主に非営利団体を対象とした種別 (1995年からスタート)
 .info 情報サービスを提供する組織を対象とした種別 (2001年からスタート)
 .biz ビジネス用途を対象とした種別 (2001年からスタート)
今後拡張が予定されているgTLDドメイン
 .name 個人を対象とした種別
 .pro 専門職を対象とした種別
 .museum 博物館などを対象とした種別
 .coop 協同組合などを対象とした種
 .aero 航空業界を対象とした種別

 基本的には上記のような意味を持つのですが、現在ではいずれもその種別の範疇を越えて、個人も含めて一般に取得することができます。

 gTLDの登録は「.com」「.net」「.org」「.biz」「.info」のいずれかを選択して、その前に付く文字列を登録することになります。ただし、gTLDの公開から長い年月が経っていることから、すでに多くのドメイン名が取得されてしまっています。特に「comドメイン」は人気が集中し、現在では英語として意味をなすドメイン名はほとんど取得されているといっていいかもしれません。ただし英語としては意味をなさなくても、日本語のローマ字表記としてのドメイン名はまだ多く残っている可能性があります。

 以上をまとめますと、gTLD(Generic TLD)は、国という概念によらず、特定の領域・分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン名のことで、「.com」 「.org」「.net」「.gov」「.mil」「.edu」「.int」や、新設された 「.biz」「.info」「.name」「.coop」「.museum」「.aero」「.pro」があります。

 その他、ccTLDというものがあります。「Country Code Top Level Domain」の略で国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン名のことで、ISO 3166-1のカントリーコード(2文字)に基づいて割り当てられています。日本の「.jp」というドメイン名も、ccTLDにあたります。「.jp」以外のccTLDの例としては、「.kr」:韓国、「.fr」:フランス、 「.ca」:カナダ、「.au」:オーストラリアなどがあります。ISO 3166-1の カントリーコードによればイギリスは「GB」ですが、以前からの慣例により 「.uk」が主に使用されています。また、太平洋に浮かぶ小さな島国ツバル の「.tv」のように、ccTLDの登録管理を民間企業に売りに出し、利益を得ている国もあります。


XREA Value-Domain.comでマイドメインを取得し設定する方法(経験談)へ戻る

TOP